menu

眼科疾患

当院では眼科疾患に力を入れています。近年、動物の高齢化、犬種特異性、遺伝的素因により動物の眼科疾患は急増しています。当院においても整形外科疾患と並び非常に多い疾患となっております。眼科疾患は初期の段階では明らかな症状を示さないことも多く、気付いた時にはかなり進行していることが多々有ります。また、眼の単独疾患ではなく全身疾患が隠れていることも多いです。
下記のような症状がみられたら早めの受診をお勧めします。

  • 眼が充血している
  • 眼が白い
  • 眼がしょぼしょぼしている
  • 眼やにが多い
  • 眼の表面が乾燥している
  • 眼が痛そう
  • 左右の眼の大きさが違う
  • 眼が見えてなさそう など

眼科検査

スリットランプ検査
スリットランプ検査は眼の正面、もしくは斜めから細い光をあてることにより角膜・前房・水晶体・虹彩の状態を調べることができます。
眼圧検査
眼圧計を用いて検査することにより眼圧の上昇があるかを調べます。眼圧上昇は緑内障のように視覚喪失や疼痛を引き起こす重大な病気を疑う必要があります。
涙液量検査
試験紙を用いて動物の涙の量を調べます。
眼底検査
眼底をみることにより網膜・視神経乳頭などの状態を調べることができます。網膜剥離や網膜変性などの検出ができます。
網膜電図
実際に視力を失っているのかどうかは動物にしかわかりません。その時は網膜電図検査を行うことで神経網膜が正常かどうかを調べることができます。進行性網膜萎縮や突発性後天性網膜変性の検査、白内障の手術前検査として用います。
超音波検査
聴音検査では前房・水晶体・網膜の状態を検査できます。また、眼内腫瘍の検出にも有効です。

眼の状況にもよりますが眼科検査は一時間以上かかることがございます。時間にゆとりをもってお越しください。
また網膜電図検査は要予約となります。

眼科手術

当院では眼科手術顕微鏡を用いての眼科手術に力を入れています。顕微鏡手術の適応は白内障・緑内障・角膜疾患・水晶体脱臼・チェリーアイなど多岐に渡ります。また眼科手術適応となる疾患は緊急疾患であることが多いため早急な治療が必要となります。眼の異常を感じた時は早めの来院をお勧めします。